店舗からのお知らせ

ツツジいろいろ

こんにちは、やまぼうしの花です。

先日はツツジがたくさん入荷されました!

上の写真に写っているのはクルメツツジです。白、ピンク、絞りが入ったものなどの咲き分けが楽しめる『常夏』、濃い紅色が美しい『若楓』、紫がかった濃いピンクが鮮やかな『裾濃の糸』 などの品種が入ってきています。

▲白のミツバツツジ。繊細な雰囲気がありとても美しいです。

こちらは珍しいミツバツツジの絞り咲き品種、『富士絞り』。紅白の咲き分けも楽しめます。

その他にもオンツツジやヤマツツジ、レンゲツツジなどが新しく入荷されましたよ。

新入荷情報に載っているのでよろしければご覧ください。

>>4月16日新入荷情報

 

リキュウバイ

こんにちは、ここ数日は朝晩が少し冷えますね。

桜はだいぶ散ってしまいましたが、園内では様々な花が次々と咲きはじめていますよ。写真はリキュウバイです。

リキュウバイは中国原産のバラ科落葉低木で、漢字で利休梅と書き、だいたい千利休の命日(4月21日)頃に白い花が咲きます。

リキュウバイは明治末期に日本に入ってきた花なので利休様と直接関係があるわけではありませんが、清楚な花が茶人に好まれ、茶花として利用されています。

可愛らしい丸いつぼみも特徴で、英名はパールブッシュと呼ばれています。

耐寒性も強く育てやすい花木なので、庭木におすすめです。

 

新入荷情報を更新しました。

下記リンクからも飛べますのでよろしければご覧ください。

>>4月9日新入荷情報

ジューンベリー

いよいよ4月に入りましたね。今年度もやまぼうしの花をよろしくお願いします。

園内のジューンベリーの花が少し咲き始めていました。

写真のお天気が曇り空でちょっと見づらいですが、桜に似た白い花です。

名前の通り6月頃に赤い実を付けます。実はそのまま食べたり、ジャムにしたりしてもおいしいですよ。秋には葉が黄色に黄葉して冬は落葉します。

四季様々に楽しめて耐寒性・耐暑性ともに強く育てやすいのでシンボルツリーにおすすめの木です。

 

新入荷情報更新しました!

よろしければ下記リンクよりご覧ください。

>>4月1日新入荷情報

オカメ桜

 

先日の春分の日は寒く、この辺りでは雪まで積もったので驚きました。

でも今日のように日が差しているととても暖かく、桜も各所で見頃の時期になっていますね。園内ではオカメ桜がきれいに咲いています。

 

オカメ桜は寒緋桜と富士桜(豆桜)をイギリスの園芸家が掛け合わせて作られた早咲きの桜です。

両木の特徴を受け継いで、濃いピンク色の小輪一重の花をうつむきがちに咲かせます。樹はあまり大きくならないので、お庭に植えるのにおすすめです。

開花時期は寒緋桜より少し遅く、染井吉野桜より早く咲きます。

鮮やかなピンクが遠目からでも目立ち、春の青空に映えてとてもきれいですよ。

 

新入荷情報を更新しました。

今回はエンレイソウやイワウチワなどの山野草が入荷されています!

よろしければ下のリンクからご覧ください。

>>3月25日新入荷情報

アボカドの花

こんにちは、やまぼうしの花です。

天候が安定せず気温の差が激しいですが、昨日はモンシロチョウが飛んでいるのを見かけました!さすがは啓蟄の季節…もうすぐ春分の日ですね。

園内では桜やボケ、花桃、姫コブシ、ユキヤナギ、サンシュユ、ヒュウガミズキ、ミツマタ、ウンナンオウバイなどがちらほらと咲き始めています。

花苗もいろいろと入ってくる時期になったので、これから景色がより色鮮やかになっていくのが楽しみですね。新入荷情報を更新しましたのでよろしければそちらもご覧ください。

先日もご紹介したハウス内にあるアボカドの花が咲きました。

品種は『ベーコン』。こんな感じの小さい花です。

 

以前アボカドは時間帯によってめしべとおしべの咲く時間が違うという話をしました。

アボカドは一つの花におしべとめしべがありますが、まずめしべが受粉可能な状態でおしべが寝た状態になって咲く『雌花』として咲き、そのあと花を閉じます。また翌日にはおしべが立ち花粉を出し、雌花は受粉できない状態になっている『雄花』として咲くようになっています。

開花のパターンは以下の二種類です。

 

Aタイプ…一日目の午前中に雌性で、二日目の午後に雄性になる

Bタイプ…一日目の午後に雌性で、二日目の午前に雄性になる

 

写真のアボカド・ベーコンでは雄花が咲いていますね。現在お店に置いてあるアボカドだとハスとメキシコーラがAタイプ。ベーコンとフェルテとズタノがBタイプです。

アボカドは自家結実性はあるものの、前述の性質を持つ雌雄異熟花なので自家受粉が起こりません。実を付けるには人工授粉させるか、異なる開花タイプの種類を植えると結実しやすくなります。

生存戦略のためこのように少々複雑な仕組みになっているんですね。

お店にいらした際は、ぜひ雌花と雄花の違いを見てみてください。

 

 

 

 

 

亀甲竜

先日はすごい雨でしたね。

ここ数日の太陽が顔を出さない日は寒かったですが、今日は良く晴れ暖かくお掃除日和~ということで、今日は朝から大雨でドカドカと落ちていた椿の花やヒメシャラの種を片づけたりしていました。

 

新入荷情報更新しました。お花が増えて店回りが随分と賑やかにになってきています。

今日は今回仕入れた多肉植物の中からちょっと珍しいものをご紹介。

『亀甲竜(ディオスコレア・エレファンティペス)』

ヤマイモ科/ディオスコレア属 (南アフリカ原産)

 

名前の通り亀の甲羅のような姿をした塊根から、竜のようにツルを伸ばす塊根植物です。

葉っぱがハート型なのも特徴です。

 

写真の左側の小さい方が先日入ってきたものです。小さなうちは塊根のヒビが小さいですが、写真右側のもののように大きくなるにつれて段々とヒビ割れも大きくなっていきます。

どうでしょうか?ゴツゴツとした肌がユニークでかっこいいですね。

亀甲竜は結構個体差があるようなので、小さいものから育ててどんな模様になっていくのか楽しめるというのもポイントではないでしょうか。

 

秋から春にかけての成長期は日当たりの良い場所に置きましょう。

冬型種といってもあまり寒いと葉が落ちてしまうので、5℃以上の場所で管理します。

夏までには葉を落として休眠するので、休眠期は直射日光の当たらない、風通しのいい場所に置いて断水します。涼しくなってツルが伸び始めたら徐々に水やりを開始しましょう。

 

仙女盃と明鏡錦

こんにちは~やまぼうしの花です。

三月に入って一気に暖かくなったような気がします。

先日花以外にも植木が多めに入荷されました。ビルベリーや白加賀梅、ピンクユキヤナギ、ライラックなどなど……新入荷情報を更新しましたのでよろしければご覧ください。

 

今回に入荷した多肉植物について少し紹介します。

『ダドレア・仙女盃』

ベンケイソウ科ダドレア属

 

地球上でもっとも白い葉を持つ植物と言われている仙女盃。

厚めに白い粉を纏う美しい品種です。

粉が落ちてしまうので触ったり葉に水をかけたりしないようにしましょう。

落ちてしまっても良い状態で管理していればまた粉が吹いてきます。

冬型種で高温多湿に弱いので、夏は直射日光を避けの涼しい場所に置き、水やりも控えます。

基本的には室内の日当たりの良い場所で管理します。

 

『アエオニウム・明鏡錦』

ベンケイソウ科アエオニウム属

 

こちらの平たい多肉植物は『アエオニウム・明鏡』に斑が入った品種です。

びっくりするほどぺったんこですね!

葉が平面状に広がっていくのでこのようにお皿のような形になります。

こちらも冬型種なので高温多湿に弱いです。夏は日陰の涼しい場所に置いて水やりも控えます。基本的には室内の日当たりの良い場所で管理してあげましょう。

 

 

 

アボカドのつぼみ

だんだん日が伸びて朝晩の寒さもやわらいできました。

新入荷情報更新しましたのでよければそちらもご覧ください。

もうすぐ3月、いろいろな植物の芽やつぼみがでてきているのでわくわくしますね!

上の写真ははアボカドです。新葉が出てきて花のつぼみもついています。

ハウス内に置いてあるので比較的暖かいせいかもうじき咲きそうですね。

アボカドの花は雌雄異熟花と言って、おしべとめしべの咲く時間が違うんです。実がなるには人工授粉あるいは複数の品種を植える必要がありますが、葉が美しいので観葉植物としても楽しめます。

 

『アボカド』

クスノキ科ワニナシ属の常緑高木

別名:ワニナシ、バター・フルーツ

開花時期:5月

主格時期:11~12月

 

幼木のうちは寒さに弱いですが、ある程度大きくなれば暖地なら地植えできます。

アボカドには大きく分けるとメキシコ系、グアテマラ系、西インド系の3系統があり、一番寒さに強いのはメキシコ系で耐寒温度は-7℃程度。グアテマラ系は-5℃、西インド系は-2℃程度です。

ただ生長も早く最大で20mくらいまで育つので、コンパクトに育てたい場合は鉢植えで育てましょう。

日のよく当たる場所を好みます。

鉢植えの場合水やりは土の表面が乾いてから与えます。育成期の3~9月は水切れに注意しましょう。冬は過湿にすると根腐れを起こすので水やりを控えます。

 

梅の花

 

今日は暖かくて過ごしやすいですね。大盃という梅がたくさん花をつけていました。

梅、というとこの時期に思い出す歌があります。

「梅の花紅の色にも似たるかな 阿呼が頬にもつけたくぞある」

こちらは菅原道真公が5歳の時に読んだ歌です。

梅の花好きで有名な道真公は他にも有名な梅に関する歌がありますが、このあこがほほにも~の歌はとてもかわいらしくて、この時期に紅梅が咲き始めるといつも思い出してしまいます。

 

梅をはじめにレンギョウや木蓮、ミズキなどいろいろと入荷しています。

新入荷情報を更新したのでよければそちらもご覧ください!

 

 

 

ロウバイが咲きました

 

 

ここ数日は風も強く寒さが厳しいですが、先日入荷した福寿ロウバイが咲いていました。まだ一輪だけですが、とてもいい香りがします。

ロウバイ(蝋梅)は12月中旬から2月ごろにかけて黄色く香り高い花を咲かせるロウバイ科の落葉低木です。

耐暑性・耐寒性に優れていて病害虫も少ないので育てやすい木ですよ。

中国原産で彼の地では水仙、山茶花、梅とともに雪中四友の一つとして古くから親しまれていますが、日本に入ってきたのは意外と遅く、江戸時代初期だと言われています。

名前の由来については臘月に咲く梅に似た花だからとも、蜜蝋を思わせるような花であるからとも言われています。

蝋細工のように艶やかで透明感のある花がかわいいですね。

甘い香りから英名は「ウィンタースウィート」。花言葉は先導、先見、ゆかしさ、慈しみなどです。

 

福寿ロウバイの他に、満月ロウバイも入荷しています。

どちらも丸弁で黄色が濃く出るのが特徴ですが、満月ロウバイは花の中心に紫褐色の輪が入り、香りが強い品種です。

 

早咲きの梅・冬至も咲き始めました。真冬は花が少ないので、ロウバイも梅も花とその香りで楽しませてくれる貴重な存在ですね。

 

 

 

 

1 / 712345...最後 »